結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチで内容が重なった場合は?

 

結婚式のスピーチで先に同じような内容を言われてしまった時、どうしますか?

 

せっかく考えてきたエピソードが、もし他の人に先に話されてしまった場合は、困ってしまいますよね。

 

スピーチに慣れていて、即興で違う内容のエピソードが考えられる方は良いのですが、なかなか難しいものです。

 

急なことで焦ってしまいますが、自分の出番まで時間があれば、冷静にあなたしか知りえないエピソードを付け加えるなどしましょう。

 

とは言え、結婚式では緊張しまって急に変えることは難しい場合もありますから、できれば事前に2通りの原稿を考えておくといいですね。

 

仮にスピーチの内容が重なった時にもすぐ対処できますね。

 

2つの原稿を用意しておくことが、新郎新婦に対してもスピーチ依頼を受けたものとしての配慮だと思います。

 

1つでもようやく完成させたのに2つなんて無理という方は、スピーチ文例集を利用し考えてみると作成しやすくなると思います。

 

多くの方がスピーチ文集の書籍やインターネットに紹介されている定番のスピーチ文例集などを参考にすると思うので、どこかしら、似ている内容は多くあります。

 

ですから、スピーチの内容には自分と新郎又は新婦だけが知りえるエピソードを加えながら、2通りの原稿を用意しておくのが重ならない方法と言えるでしょう。

 

もしくは、「〇〇さんのお話しにもありましたように」や「先ほどもどなたかがお話されておりましたが」などと前置きをする方法もあります。