結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチを直接頼まれても招待状は返信するの?

 

あなたがもし結婚式のスピーチを頼まれたということは、結婚式に参列することが決まっているということになります。

 

この場合は、改めて招待状は返信する必要があるのでしょうか。

 

これは「返信する。」が正しいでしょう。

 

新郎新婦が招待状を整理する場合、またはどなたかが整理する場合、人数調整の関係上やはり返信することが必須です。

 

招待状が届いた際は、例え直接スピーチを依頼された場合であっても、必ず返信する方が望ましいですね。

 

「返信しなくても、出席だとわかってくれるだろう」などという勝手な判断はNGです。

 

仕事の都合など何らかの理由でどうしても返信が不可能なら、電話やメール、LINEなどで知らせることをお勧めいたします。

 

ただし、返信できるのであれば返信するが常識であると言えます。

 

例えば、新郎新婦があなたにスピーチを依頼し、承諾しても日にちが経過して人数調整の際にあなたの招待状の返信がなかった時、「出席できないのかな?」と心配してしまわないとも限りません。

 

ですので、招待状を受け取っているのなら、返信しなければいけません。

 

仮にしょっちゅう会っている友人だとしたら、直接渡す形でもいいと思います。

 

友人代表でスピーチするなら、返信ハガキの宛名が新郎新婦であるなら、多少砕けた感じで、「結婚おめでとう!スピーチ、頑張って練習しときます!」のよう感じでメッセージを添えておくと良いでしょう。

 

もし新郎新婦のご両親宛なら「ご結婚おめでとうございます。祝辞の件、喜んでお受けいたします。」のように改まった感じがいいと思います。

 

結婚式は式場から座席、スケジュール等など色々と前もって準備ておかなければいけないことがあります。

 

招待状をもらう側もそこを配慮し、出席か否かの返信をすることが常識ですね。

 

招待状内に記載されている返信期限内に出すのはもちろんですが、なるべく早く返信をするのがマナーです。

 

返信する際は、毛筆や万年筆で書くのがベターです。

 

宛て名の「行」を二本線か斜線で消して「様」に書き直します。

 

「御出席」などの「御」の文字は二本線で消して出席を○で囲みます。

 

できれば「出席」の前に「慶んで(喜んで)」 、後に「させていただきます」 などの言葉を添えるとより丁寧な印象になります。

 

出席の場合は、お祝いのメッセージを添えて返信しましょう。

 

例文

 

ご結婚おめでとうございます

 

お招きいただきましてありがとうございます

 

喜んで出席させていただきます

 

ちなみに、結婚式の招待状には「、」「。」などの句読点をつけないのがマナーです。

 

句読点は文章を切るのに使用することから、縁を切るということにつながるという理由で、婚礼の場合は句読点は使用しません。

 

返信が来ないで新郎新婦が心配してしまうということがないように、必ず返信はしましょう。