結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにふさわしい女性の服装

 

結婚式のスピーチにふさわしい女性の服装はワンピースになります。

 

もちろん、着物やパンツスタイルでも問題ありません。

 

神社や神前式の結婚式なら、和装が適しています。

 

20代の女性であれば晴れ着、既婚者や30代以降の女性であれば留袖あるいは訪問着が結婚式には適しています。

 

未婚女性なら振袖が正礼装となります。

 

ただし、振袖を着る場合は、控えめな色合いを選びましょう。

 

色はベージュや薄紫など淡い色味がふさわしいと言えます。

 

縁起のよい柄を選ぶのも良いでしょう。

 

パンツスタイルの場合は、リクルートスーツなどは避けるようにしましょう。

 

ドレスでも大丈夫ですが、あまり肌の露出が多いものは、好まれませんので注意しましょう。

 

例えば、胸や背中が大きく開きすぎている、ミニ丈・肩出しなどのドレスはNGとされていますので、着用しないようにしましょう。

 

お昼の結婚式の場合はアフタヌーンドレス、夕方以降の式の場合はイブニングドレスになります。

 

アフタヌーンドレスは光沢のないシンプルなワンピースがオススメです。

 

イブニングドレスの場合は、背中が大きく開いたデザインなので問題ありません。

 

色はピンクやベージュ、ブルーなど淡い上品な色が最適です。

 

20代〜30代前半の女性であれば、ピンクなどの暖色系がオススメです。

 

30代後半以降の女性であれば、大人の女性にふさわしいベージュやブルー系など落ち着いた色味がオススメです。

 

派手なカラーやデザインは避けることと白や黒はNGなので注意しましょう。

 

白は新婦と被りますし、黒は喪服を連想させるためNGです。

 

スカートのデザインはふんわりしたタイプを選ぶようにしましょう。

 

ストッキングはヌーディな肌色のものを選びましょう。

 

結婚式にふさわしい靴は基本的にパンプスです。

 

ヒールの高さは3cm以上もので、細いタイプがフォーマルとされていています。

 

つま先が出るオープントゥや、肌をがっつり露出するミュール、ドレスコードに合わないブーツなどはNGです。

 

ヒールがないものも避けましょう。

 

結婚式のスピーチにふさわしい女性の服装は、誰が見ても清楚と思えることを心掛けましょう。

 

ファー素材や動物の革製品、ヒョウ柄などのデザインは殺生をイメージさせるのでマナー違反でなります。

 

服装だけでなく服装にふさわしい髪型も大切です。

 

結婚式でスピーチする際は、アップスタイルがオススメです。

 

髪をアップにすることで上品なイメージになります。

 

髪色を抑える事で清楚感がアップします。

 

カジュアルな式の場合は、ハーフアップスタイルに編み込みを加えた感じでも大丈夫です。

 

普段から使っているカジュアルな髪留めなどはNGなので注意しましょう。

 

アクセサリーを着ける時は、パールやシルバーでシックなものが使い勝手が良くオススメです。

 

親族代表としてスピーチする場合は、ネイルをしないようにしましょう。

 

ゲストでスピーチする場合のネイルは、シンプルなデザインにラメやパールを取り入れたもの、淡いオレンジやピンクの華やかなカラーなど、上品で清楚なデザインで、新婦と被らないよう気をつけることがポイントです。

 

メイクには関しては特に厳密なルールはありません。

 

ただし、新婦よりも目立ってしまうメイクは控えるようにしましょう。

 

上司としてスピーチする時は、肌の露出の少ない、落ち着いた装いをしましょう。

 

ドレスならネイビーの膝丈のドレスにシャンパンカラーのボレロを合わせるなど、品のよさと華やかさをほどよく合わせたコーデがオススメです。

 

スーツで出席する場合は、ベーシックカラーのフォーマルスーツがオススメです。

 

友人代表でスピーチする時は、代表として恥ずかしくない装いをしましょう。

 

肩やデコルテが見えるドレスを着る場合は、ボレロ等で肌を隠すのがマナーです。

 

姉や妹としてスピーチする時は、既婚者ならアフタヌーンドレスや黒留め袖を着用し、未婚者なら振袖やフォーマルなワンピースなどが一般的です。

 

新郎新婦の叔母としてスピーチする時は、ご両親よりも目立たないフォーマルスーツや、シックなワンピースドレスを着用します。

 

親族としてスピーチする際は、ゲストをお迎えする側であることを意識したうえで、新郎新婦との間柄に応じた服を選びましょう。

 

基本的には派手すぎないことと、会場や周りとのバランスを考えることが大切です。

 

ましてやスピーチとなれば大勢の前の立つということで、あまりに派手な服装や肌露出が多い服装は不快感を持たれてしまいますので注意しましょう。