結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにふさわしい男性の服装

 

結婚式のスピーチにふさわしい男性の服装といえば、スーツという印象ですね。

 

ですが、スピーチの際には大勢の臨席者の前に出るわけですから、ただのスーツとはいきませんよね。

 

フォーマルに装わなければいけません。

 

スーツでもスピーチにふさわしいといえば、ブラックスーツやダークスーツ、グレー、ネイビーなどとなります。

 

この中でも定番の黒スーツをオススメします。

 

スーツならシングルまたはダブルいずれにしても大丈夫とされています。

 

ただし、白のスーツやシルバー、派手な色や柄のスーツはNGです!

 

新郎の衣装とかぶる色は止めましょう。

 

Yシャツは白の襟付き、レギュラーカラーかセミワイドを選びましょう。

 

Yシャツの色は白でも大丈夫ですし、派手な色柄でなければ、薄い黄色・水色・ピンクでも問題ありません。

 

ネクタイは白、あるいは薄いシルバーが望ましいですね。

 

派手過ぎなければ高級感あるドットやストライプなど、柄物でも問題ありません。

 

おしゃれにきめたい人は蝶ネクタイがオススメです。

 

また、ポケットチーフやカフスボタン、ネクタイピンなどの小物をプラスすることで、大人のおしゃれ感が出ます。

 

靴は黒の革靴かエナメル素材のものを選びましょう。

 

「ストレートチップ」か「プレーントゥ」を選ぶのが一般的です。

 

靴下は靴の色に合わせて、シンプルな黒にしましょう。

 

結婚式の服装や靴では、動物の皮をイメージするアニマル柄やゼブラ柄、クロコダイル調のものは殺生をイメージするのでNGであることを覚えておきましょう。

 

一般的に親族の場合だとタキシードあるいはモーニングコートといった装いが男性近親者の服装になります。

 

ですので、スピーチする際もタキシードあるいはモーニングコートで良いでしょう。

 

服装もそうですが髪の毛、ヘアスタイルにも気をつけた方がいいですね。

 

例えば長髪や茶髪、ヒゲ、アクセサリー類にはNGです。

 

普段は長髪でもあなたの新友が結婚式を挙げる時、スピーチを頼んだ相手が茶髪に長髪、またはピアス等つけてスピーチするとしたら、ちょっと考えてしまいますよね。

 

結婚式は大勢の方が集まり新郎新婦をお祝いします。

 

中には目上の方も大勢いる中、スピーチのマナーとしては失格と言えます。

 

ですから、結婚式のスピーチをする際の大人のマナーとして服装だけでなく、身だしなみにも気を配り、新郎新婦のために良いスピーチと思われるようなふさわしい格好をして頂きたいと思います。

 

自分の体にあったサイズか、汚れやシワになっていないかも重要なポイントです。