結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

不幸、不吉、死を連想する言葉

 

結婚式のスピーチで言ってはいけない忌み言葉があり、特に不幸、不吉、死を連想する言葉には注意する必要があります。

 

例えば、「戻る」は夫婦の別れを連想させる言葉であり、NGとされますが、「○○君が地元に戻ってきたときに」ぐらいであれば咎められることはありません。

 

忌み言葉の中でも特に避けるべき言葉が、不幸、不吉、死を連想する言葉になります。

 

これらの言葉をスピーチで言ってしまうと、せっかくの結婚式が台無しになってしまうこともあります。

 

忌み言葉は絶対に使ってはいけないわけではありませんが、例えば、「忘」「忙」の文字は「心」を「亡くす」という作りになっているため、結婚式のスピーチにふさわしくありません。

 

最近はそれほど気にしない方も増えていますが、年配の方になるほど気になさる方が多いので、やはりマナーとして避けた方がいいでしょう。

 

<不幸、不吉、死を連想する言葉の例>

 

病む、病気、冷える、冷める、倒れる、倒産、忙しい、忘れる、流れる、流す、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、滅ぶ、滅びる、枯れる、死ぬ、亡くなる、四、4、九、9、焦る、敗れる、憂い、散る、悲しむ、無し、無くす、おしまい、醤油、塩、シクラメン、シネマ、ほどける、とんだこと、とんでもない、ご生存中、生きている頃、しめやかに、仏、葬式、褪せる、衰える、更に、さらに、僧、すり鉢、短い、逝く、涙、梨、猿、すり箱、スルメ、忌み、悪い、相次いで、相次ぎ、破れる、破る、割る、割れる、去る、痛い、痛み、飽きる、捨てる、負ける

 

使いたい言葉が忌み言葉の場合は、言い換えるようしましょう。

 

例えば、「死ぬ」→「亡くなる、逝去」や「生きている時」→「生前、お元気な時」などのように言い回しを変更することで使用できます。

 

挨拶などでよく使われている「ご多忙中のところ」という文言は、「ご多用中のところ」と言い換えるのが、結婚式では一般的とされています。

 

友人や上司のスピーチだけでなく、新郎や両家代表の謝辞、ウェルカムスピーチを述べる際にも忌み言葉を使わないように注意しましょう。