結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

父から新郎への結婚式スピーチ文例

 

結婚式では媒酌人や友人、来賓と様々なお言葉を頂き、新郎の父として有難く感動的な日となります。

 

新郎側、新婦側共に嬉しい日となりますが、新郎の父として新郎への言葉、スピーチがあるとしたら、あなたはわが子にどんな言葉を伝えますか?

 

ここでは父から新郎への結婚式スピーチの文例を簡単にご紹介します。

 

まず、主催者側の挨拶として新郎の父が伝えるべきことは出席していただいた方々への感謝の気持をはじめ、この日を迎えお世話になった方々への感謝、祝辞等に関するお礼、またこれからの新郎新婦に対するご支援のお願いという流れの文を伝えていきます。

 

父親から新郎本人への父からの手紙という場合は、一般的な文例としては次のようなものがあります。

 

新郎の父〇〇として一言皆さまに御礼申し上げます。

 

本日はお忙しい中、皆さまにはお集まり頂き誠に有難うございます。

 

新郎、新婦にとって一生一代の盛儀となり深い感激として残ることでしょう。

 

このように述べた後、息子への思い出やここまで成長したということへの感謝を織り交ぜながら現在の心境、また未熟な新郎新婦への指導のお願い等を伝えます。

 

最後に至らない点があることにお詫びすると同時に両家代表としての挨拶とさせて頂きます。

 

本日は誠に有難うございました。

 

新郎の父が新郎へと結婚式のスピーチをする場合、最初に出席者への挨拶とお礼を伝え、至らない若い夫婦への支援のお願いやお祝いの日を無事に迎えられたことに対するお礼を伝えてあげることが何よりの新郎への手紙となるでしょう。

 

披露宴を締めくくる挨拶として出席者へのお礼、様々な事があり苦労した日々を振り返り、わが息子への思いやこれから新たにスタートを切る二人に対するお支援などを素直に語ることが列席者の皆さんにも一番伝わるかと思います。