結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

忌み言葉

 

結婚式または結婚式スピーチで避けるべき言葉には、忌み言葉(いみことば)というものがあります。

 

「忌詞」や「忌み詞」とも言います。

 

結婚式や式典等のお祝いの席で言ってはいけない、使ってはいけないとされる言葉です。

 

忌み言葉とは不吉な予感を思わせる言葉ですが、結婚式には絶対使用してはいけません。

 

例えば「死ぬ」という言葉。

 

これはもちろん結婚式でなくてもあまり印象がいい言葉とは言えませんよね。

 

また、「滅びる」、「哀れ」、「亡くなる」、「殺す」等も忌み言葉とされます。

 

この言葉はざっと聞いてもいい気持ちがする言葉ではありませんから、結婚式スピーチには到底使用しない言葉ですよね。

 

また、「寝付く」、「やかれる」、「病む」、「衰える」等も良くありません。

 

このような言葉が忌み言葉と言われます。

 

もし、今後スピーチを贈るという方はこれらの言葉に十分注意してスピーチ文を作成し、新郎新婦へと贈って頂きたいと思います。

 

忌み言葉は非常に多くありますが、同じ意味を持つ言葉に言い換えることで避けることができます。

 

<忌み言葉の言い換えの例>

 

最後に⇒結びに
終わる⇒お開きにする
死ぬ⇒ご逝去する
泣く⇒涙がほほを伝う
帰る⇒帰宅する・帰省する
戻る⇒赴く
薄い⇒厚くない
去年⇒昨年
四(し)⇒四(よん)
九(く)⇒九(ここのつ)
壊れる⇒形が変わる
離婚する・別れる・離れる⇒新たな道を進む・独立する
忙しい⇒ご多用
いろいろ⇒たくさん
くれぐれも⇒十分に
しばしば⇒よく

冷めないうちに⇒温かいうちに

 

以上がよく使われる言い換え例になります。

 

これらを上手く組み合わせて、スピーチを作ってみましょう。