結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチの感謝の言葉の決まりの言葉

 

結婚式のスピーチにおける感謝の言葉は、それぞれの立場によっても決まり言葉が違ってきます。

 

一般的には新郎からの感謝、両家代表からの感謝、友人や上司の感謝などが挙げられます。

 

<新郎の感謝の文例>

 

「本日は私達二人のためにお集まりいただき誠にありがとうございました。

 

こんなにもたくさんの方々に祝福されることを大変嬉しく思うと同時に、新たな門出に立つことができる喜びを実感しております。」

 

「皆様、本日は遠方にもかかわらず、私たち二人の結婚披露宴にお集まり頂き、誠にありがとうございます。

 

本日ご媒酌の労を賜りました〇〇ご夫妻には、何度も相談に乗っていただき、何かとご足労をおかけしました。

 

心から感謝いたします。

 

また、式を催行するにあたり、ご協力いただいた式場の方々にもお礼申し上げます。」

 

<新郎父の感謝の文例>

 

「私は新郎○○の父でございます。

 

両家を代表いたしまして一言御礼のご挨拶を申し上げます。

 

本日は、ご多忙中にも関わらず、このように多数ご列席をいただき誠にありがとうございます。

 

また、ありがたいご祝辞と励ましのお言葉をいただきまして、 新郎新婦はもちろんのこと、私どもも身に余る光栄でございます。」

 

「本日は、私たちのためにお集まりいただき、ありがとうございました。

 

このように盛大な披露宴ができたのも、ひとえに皆さまのおかげと心より感謝申し上げます。」

 

新郎や両家代表のスピーチでの感謝には忙しい中、集まっていただいた御礼の言葉と無事にこの日が迎えられたことへの感謝の気持ちの言葉を伝えます。

 

新郎や両家代表のスピーチでは、自分の言葉でしっかりと、ゲストの皆様に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

<友人や上司の感謝の文例>

 

「本日は、〇〇家ならびに〇〇家のご結婚披露宴にお招き頂きまして、ありがとうございます。」

 

「本日は、ご両家のおめでたいご結婚の席にお招きいただきましてありがとうございます。」

 

招待される側、例えば友人であるとか上司であるとか、立場は違いますが、招待された側の感謝の言葉として「おめでたいご披露宴にお招きいただき、厚く御礼を申し上げます。」などが感謝の言葉の決まり言葉となります。