結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチのお祝いの言葉の決まりの言葉

 

結婚式のスピーチにおけるお祝いの言葉の決まり言葉とは、率直に「おめでとう」の言葉だと思います。

 

言い方としては「〇〇君、〇〇さん、本日はご結婚おめでとうございます。ならびにご両家の皆さまにおかれましても心よりお祝い申し上げます。」の言葉が決まり言葉と言えます。

 

この他にも以下の文例があります。

 

「ご結婚おめでとうございます 心よりお祝い申し上げます

 

お二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします」

 

「ご結婚 心よりご祝福申しあげます

 

笑顔の溢れる温かいご家庭をお築きになられますようお祈りいたします」

 

「ご結婚誠におめでとうございます

 

お二人の人生にとって最良のこの日を心よりお慶び申し上げます」

 

「御結婚おめでとうございます

 

お二人の人生最良の門出を 心からお喜び申し上げます」

 

「ご結婚おめでとうございます 心よりお祝い申し上げます

 

お二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします」

 

このようにただ「ご結婚おめでとうございます」というのではなく、一言添えることで、より祝福している感じが伝わると思います。

 

お祝いの言葉はスピーチの最初に言う必要はなく、自己紹介と前後しても全く問題ありません。

 

「ただ今ご紹介に与りました新郎の友人〇〇です。〇〇君、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。」

 

このように司会者に紹介してもらった流れをくんで、自己紹介から入るパターンも綺麗な流れのスピーチとなります。

 

また、上司や社長、恩師などの場合は、お祝いの言葉の前に時候の挨拶を入れると、より印象が良くなります。

 

「本日は、おふたりのご結婚を祝うかのように、春うららかな日の光が降り注いでおります。

 

○○君、○○さん、そしてご両家の皆様、おめでとうございます。」

 

スピーチの構成や、その場の状況に合わせて、話やすい方法を選んでみると良いでしょう。

 

また、お祝いの言葉の前に結婚式に招いてもらったお礼を言うパターンもあります。

 

<上司のスピーチの場合>

 

「本日はこのようなおめでたい席にお招きいただき、誠にありがとうございます。

 

新郎〇〇君、新婦〇〇さん並びにご両家の皆さまにおかれましては誠におめでとうございます。」

 

<友人代表スピーチの場合>

 

「○○君、〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日はおめでとうございます。

 

このような盛大な披露宴に仲間と共にお招きいただき、本当に感謝しております。」

 

友人代表スピーチであれば「〇〇君、〇〇さん、結婚おめでとう。ご両家の皆さまおめでとうございます。」と述べるパターンもあります。

 

友人代表スピーチの場合は、スピーチの冒頭部分に年配の方や目上の人へ向けた礼儀の言葉を入れると印象が良くなります。

 

「ご指名により、僭越(せんえつ)ではございますが、ひと言ご挨拶を述べさせて頂きます。」

 

このような一言を入れると良いでしょう。

 

<文例>

 

○○君、〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日はおめでとうございます。

 

このような盛大な披露宴に仲間と共にお招きいただき、感謝しております。

 

私は、〇〇と申します。

 

新郎の〇〇君とは高校時代の先輩で、同じ野球部に所属していました。

 

僭越(せんえつ)ではございますが、チームメートを代表してひと言お祝いの言葉を述べさせて頂きます。」

 

スピーチを始める前に新郎新婦や両親、媒酌人が起立している場合は、次のような言葉を掛けて着席させてあげましょう。

 

「皆様、どうぞご着席ください。

 

新郎新婦お二方、またご両親様および媒酌人ご夫妻もご遠慮なくご着席ください。」

 

結婚式におけるお祝いの言葉は難しく考える必要はなく、シンプルに「ご結婚おめでとうございます」や「ご結婚 お慶び申し上げます」だけでも新郎新婦に十分伝わると思います。