結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のウェルカムスピーチとは?

 

ウェルカムスピーチとは披露宴の最初に新郎新婦が招待客の前で「今日はありがとうございました」の意味をもつスピーチです。

 

披露宴に来て頂いた方や祝ってくれた方に対し、「ごゆっくり食事を楽しんでください」という意味もあります。

 

仲人(媒酌人)を立てない結婚披露宴などがありますが、そういった場合に新郎新婦が列席して頂いた皆さんに対し、お礼の意味とゆっくり楽しんで欲しいという意味を兼ねてスピーチします。

 

一般的にウェルカムスピーチをするのは新郎となっています。

 

ウェルカムスピーチでは、素直な感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

最近ではこういったウェルカムスピーチを行なうことが多くなっているようです。

 

ウェルカムスピーチの流れは、次のようになります。

 

1.招待客へのお礼
2.挙式の報告
3.披露宴の趣旨
4.締めの言葉

 

<ウェルカムスピーチの文例>

 

本日はお忙しい中、私たちの披露宴に出席頂きありがとうございます。

 

先ほど、〇〇にて無事に挙式を終えることができました。

 

本日はいつもお世話になっている皆様と楽しい時間を過ごしたいと思い、ささやかではございますが宴席を設けさせて頂きました。

 

短い時間ではございますが、楽しい時間をお過ごし頂ければ嬉しく思います。

 

状況に応じて気配りができるスピーチにするためには、「お足元の悪い中〜」や「遠路はるばるお集まり頂きまして〜」、「連休中のご多用の中お越しくださり〜」などを冒頭部分で一言添えると良いでしょう。

 

もしすでに入籍済みであれば冒頭で言い添えておくといいでしょう。

 

<文例>

 

「私たち二人は、○月○日、〇〇市役所に婚姻届けを提出し、夫婦としての生活をスタートいたしておりますことを、皆様にご報告させて頂きます。」

 

最後はおもてなしの気持ちが伝わる言葉で、明るく締めると良いでしょう。

 

<文例>

 

「至らぬ点があるかもしれませんが、私たちなりに真心こめて、おもてなしの準備をさせて頂きました。」

 

「大切な皆様をどうしてもこの○○の美味しい料理でおもてなししたい、とここ○○でのこのような披露パーティーのスタイルにしました。」

 

「本日はアットホームなおもてなしをできればと考えまして、全館貸切にしておりますのでご自宅にいる気分でゆったりとお過ごしください。」

 

友人たちの協力も得て、手作りのアイテムを多く取り入れ、温かいオリジナリティのある披露宴にしたいと思って準備してまいりました。」

 

ウェルカムスピーチの時間は1分から2分ぐらいとされています。

 

文字数だと約300字ほどになります。

 

ウェルカムスピーチは短いとは言え、しっかりと原稿に書いて練習しましょう。

 

ウェルカムスピーチは短いので出来れば暗記してゲストに向かって話した方が印象が良いですね。

 

難しい場合は、メモやカンペを用意しておいて、忘れた時に見ると良いでしょう。

 

ウェルカムスピーチは披露宴の始まりなので、新郎も緊張していると思いますが、なるべく堂々と話せるように準備しておくことが大切です。

 

スピーチする時は、背筋を伸ばして姿勢良く立ち、目線はゲストの方へ向けて、聞き取りやすいようにゆっくり、ハキハキと話しましょう。