結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式におけるテーブルスピーチの対応方法

 

結婚式というと色々と段取り通り行かない場合もあり、そんな時のスケジュール調整としてデーブルスピーチを考えておく場合があります。

 

デーブルスピーチとは、結婚披露宴の時などに自分の席で行う簡単な挨拶になります。

 

テーブルスピーチには、主に2つのやり方があります。

 

いきなりインタビューみたいな感じて列席者の中から指名して「一言どうぞお願いします!」のような場合と前もって頼んでおく場合とがあります。

 

どちらかと言えば、サプライズ的なデーブルスピーチになる方が驚きもあり、場も盛り上がると思います。

 

結婚式のテーブルスピーチは、余興感覚で取り入れるといいと思いますね。

 

例えば、新郎新婦に一言と言われた際には、「〇〇さん、〇〇ちゃん結婚おめでとう!」等の祝福の言葉を述べる程度で大丈夫です。

 

急にお願いされても気軽な感覚でスピーチできます。

 

あまり堅苦しく考えずに新郎新婦の印象に残っているエピソードを一つ、二つほど、お話しすればよいのです。

 

無理に笑いを取ろうとしたり、ウケを狙ったりする必要はありません。

 

デーブルスピーチは新郎新婦に何か一言と言われれば「おめでとう」の言葉や「お幸せに」と返す程度ですから、突然スピーチをふられた時にもみなさん対処できると思います。

 

ただし、司会者からマイクを向けられた時は、立って話をされた方が良いででしょう。

 

招待される側としてもいきなりテーブルスピーチが来ないとは言えませんから、心の準備をしておく方がいいかもしれませんね。

 

「突然インタビューされて困った。」

 

「とっさによいコメントが思い浮かばなかった。」

 

このような事態にならないように、簡単なスピーチを考えておくと良いでしょう。

 

例えば、時間的には1分ぐらいのお祝いの言葉を考えておくとか、指名された時に慌てないよう準備しておくといいでしょう。

 

あまり深刻に考えてせっかくのお祝いの場を緊張しっぱなしではいけませんから、軽い気持で突撃インタビューに準備しておきましょう。