結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式における親族の挨拶の仕方

 

一般的に親族の挨拶(謝辞)は、披露宴がお開きを迎える前の最後に行われます。

 

両家のどちらかの親族が代表して行い、これを親族代表謝辞と言います。

 

基本的には新郎の父親が両家代表として謝辞を述べることが多いですが、何らかの事情によっては新郎の母親や新婦の父、新郎の叔父が挨拶をすることもあります。

 

この場合は新郎の父が亡くなっているなど、なぜ自分なのか、一言付け加えると良いでしょう。

 

新郎側の親族であっても必ず両家を代表してお礼の言葉を述べましょう。

 

両家代表のスピーチの流れは次のようになります。

 

1.自己紹介
2.列席者へのお礼
3.はなむけの言葉
4.結びの言葉

 

新郎の父の場合の出だしは、次のようになります。

 

「新郎の父○○でございます。

 

○○家、□□家、両家を代表致しまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。

 

本日はお忙しい中、新郎○○、新婦○○の結婚披露宴にお集り頂きましてありがとうございました。

 

媒酌の労をおとり頂いた○○様ご夫妻には心より御礼申し上げます。

 

先ほどより新郎新婦に対しお心のこもったご祝辞を頂戴し、感謝の気持ちでいっぱいでございます。」

 

天候が悪い時には「お足下の悪いなか〜」など、その時の状況に合わせて言葉を添え、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

この後に新郎との具体的なエピソードを交えて話をします。

 

父はどう息子を感じていたのかが列席者に伝わり、感動を生むことができます。

 

また新婦のことにも一言触れ、この結婚を親族が心から喜んでいることを伝えましょう。

 

最後に次のように述べて終わります。

 

「本日、新しい人生のスタート地点に立ったふたりですが、なにぶん、まだまだ未熟で半人前の夫婦でございます。

 

どうかこれからも厳しくも温かいご指導のほどよろしくお願いします。

 

最後になりましたが、ご臨席の皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして御礼の挨拶とさせて頂きます。

 

本日はお忙しい中、誠にありがとうございました。」

 

時間は3分を目安に1200〜1400字程度に収まるようにしましょう。

 

出席者も疲れてくる頃なので、あまり長くなり過ぎないように注意しましょう。

 

謝辞は暗記する方がベターですが、不安ならメモを見ながらでも問題ありません。

 

「謝辞」と言うと何だか責任重大な気がしますが、できるだけ気構えずに落ち着いて臨みましょう。

 

準備さえしっかりしていれば大丈夫だと思います。

 

スピーチの基本構成を把握したら、文例集を参考に両家代表ならではの謝辞を考えてみて下さい。

 

親としての愛情が感じられる内容なら、列席者の共感もきっと得られるはずです。