結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

新郎から母への結婚式スピーチ文例

 

結婚式には色々な方からのお祝いの言葉を頂き、感謝や嬉しさでいっぱいの日となります。

 

そして、今までお世話になった両親への挨拶も忘れてはいけません。

 

この場を借りて日頃の感謝を是非ご両親へのスピーチとして伝えていただきたいと思います。

 

ただ、新郎の場合は嫁ぐわけではありませんから、この日を迎えられた感謝と、「これからも助け合いたいというお願い」や、「よろしくお願いします」という形が良いでしょう。

 

では、新郎から母への結婚式スピーチの文例を簡単にご紹介します。

 

文章の組み立てや順序などは思うままに日々のことや思い出、感謝等を綴っていくことで順序になっていくと思いますので、まず文の内容を決めたら書いて読んでみると良いでしょう。

 

新郎が母へ手紙を書く場合、やはりこの日を迎えられた感謝をまず伝えることが大切です。

 

そして、「今まで育ててくれた感謝」、「助けてくれた感謝」、「見守ってくれた感謝」などを綴りましょう。

 

最後に「これから自分の妻となる新婦共々よろしくお願いします」という言葉を伝えるとよいでしょう。

 

例えば、「お母さん今まで〇〇年間育ててくれて有難う、これからは新婦〇〇と共に新たな家庭を気づくことになるけど見守ってほしい」といったスピーチ内容にすると良いでしょう。

 

自分がこの日を迎えられたのはお母さんがここまで育ててくれた証だという内容と共に、これからの決意、これから親孝行していきたいという思いを伝えましょう。

 

最後に有難うの言葉と「これからもよろしくお願いします」の言葉や「いつまでも健康で長生きして欲しい」という思いを伝える文章が良いと思います。

 

新郎はこれからもしかすると一緒に生活を共にするという場合もありますから、結婚式を迎えられたお礼と共にこれから新たな家族が増えても一緒に助け合って欲しいというお願いの気持が入ったスピーチをする方が良いでしょう。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ