結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチを頼まれた時の対応

 

もし友人の結婚式でスピーチを頼まれたら、あなたはどうしますか?

 

通常であれば快く引き受けると思います。

 

相手は大切な友人だからお願いすると思いますし、自分にとっても大切な友人だと思います。

 

でも、初めての方なら緊張してしまうものですし、何を言えばいいのだろうと悩んでしまいます。

 

慣れている方ならどんな文が良いのかなどわかると思いますが、友人代表もしくは同僚代表でスピーチを依頼された方は初めての方も多く戸惑ってしまいますよね。

 

そんな時はスピーチに関する文例を紹介した書籍を参考にしてみるといいでしょう。

 

最近では感動的なスピーチにするための書籍または面白いスピーチをする書籍が多く販売されていますので、そういったものを参考にしてみるのも良いと思います。

 

また、インターネット上にもスピーチ文例を紹介するサイトが多く見られますので参考にするといいでしょう。

 

ただし、全てそのまま引用するのは良くありません。

 

ご自身と新郎又は新婦との間の思い出やエピソードを取り入れながらスピーチにする方がよいでしょう。

 

楽しかったことや嬉しかったこと、様々な新郎または新婦とのエピソードをスピーチするのが一番いいのではないかと思います。

 

新郎新婦を引き立てる内容を考えるようにしましょう。

 

新郎新婦を馬鹿にするような内容は当然ですがいけません。

 

多少、場が和むようなエピソードは良いですが、あまりにも下品な内容は避けるようにしましょう。

 

その辺を十分踏まえスピーチ文を考えると良いでしょう。

 

結婚式のスピーチを頼まれると意外と落ち着かなくプレッシャーになってしまう方も多いようです。

 

スピーチ文は参考材料が沢山ありますし、何度も繰り返し当日までに練習することで自信もついてくると思います。

 

注意点としてスピーチは早口ではいけませんので、ある程度間をおいて読むようにしましょう。

 

結婚式のスピーチを頼まれた人の中には、何らかの事情で断らなければならないことがあるかも知れません。

 

もしくは、ただスピーチが苦手という理由で断る人もいるようです。

 

そんな時はどのようにして断れば、新郎新婦に対して失礼にならないのでしょうか?

 

スピーチを断る理由にもよりますが、仕事が忙しくてスピーチを考えている時間が無い時は、そのことを具体的にちゃんと伝えましょう。

 

例えば、怪我や病気で結婚式に行くのが不可能になった場合でスピーチができなくなれば、仕方ないと思ってくれるでしょう。

 

人前で話すのが苦手な場合は、正直言って理解してもらいましょう。

 

その代わり受付などスピーチ以外のことなら協力できると提案してあげましょう。

 

それほど親しくない場合は、たいしたエピソードがないなどの理由で断ると良いでしょう。

 

結婚式までの準備期間が短く、急にお願いされた場合は断っても問題ないでしょう。

 

ただし、身内に不幸ごとがあったなど、余程の理由が無い限り、結婚式直前のドタキャンはNGとされていますので注意しましょう。

 

結婚式のスピーチを断るのは失礼ではありませんが、なるべくなら引き受けであげましょう。

 

もしスピーチをしてあげれば、次に自分が結婚式を行う時にはその人にお願いしやすくもなると思います。

 

通常、スピーチを断った相手に自分の結婚式のスピーチを頼むのは失礼ですので注意しましょう。