結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚披露宴のスタイルに合わせた結婚式スピーチ

 

結婚式の披露宴には様々なスタイルがあり、それにふさわしい結婚式のスピーチがあります。

 

ただし、披露宴のスピーチということですから、やはり順序としてはお祝いの言葉から始まります。

 

起立している場合は、着席を勧め、自己紹介を兼ねて新郎または新婦との関係やエピソード、これからの二人の生活のためのアドバイス、招かれたということに対するお礼や今後の新郎新婦またはご両家に対する発展を願う言葉を述べる順序となります。

 

あまりスピーチに時間をかけないほうがいいでしょう。

 

披露宴となると時間刻みに色々と進行していくわけですから、スピーチする時にも一応時間を考えてする方がいいでしょう。

 

通常、新郎新婦側からスピーチを依頼する時に時間の要望があるようになっていますが、もし事前に時間のことは知らされていないとしても配慮する方がいいでしょう。

 

披露宴であまり長々と時間をかけてスピーチすると、聴く側としても疲れてしまいますから手短に終えられるようにしましょう。

 

スピーチ依頼を受けた時には前もって原稿を作成し、時間を計るなどした方がいいかもしれません。

 

あまり時間をかけず披露宴のスタイルに合うように作成しましょう。

 

流れは冒頭挨拶、お祝いの言葉、エピソード、アドバイス・激励の言葉、はなむけの言葉ということを考えまとめた文にするといいでしょう。

 

流れは大体このような流れの文章となりますが、あまり難しく考えず披露宴のスタイルを考えたスピーチを新郎新婦のために贈ってあげて頂きたいと思います。

 

新郎がスピーチする時は、出席してくれた列席者へ感謝や抱負を伝えるようにしましょう。

 

例えば、「本日はご多用の中、私どもの披露宴にご列席頂きまして誠にありがとうございます。」などと言って、披露宴に参加してくれた列席者の方々へ感謝の気持ちを伝えましょう。

 

このようにシンプルに伝えるのも良いですが、当日の天気や気候などに触れて列席者を気遣えるとより良いでしょう。

 

<雨の日の例>

 

「本日は、お足元が悪い中、私たちの結婚式にご列席くださいましたこと、厚く御礼申し上げます。」

 

<夏や冬の例>

 

「本日は、暑さ(寒さ)の厳しい中、私たちの結婚式にご列席頂きまして、心より感謝申し上げます。」

 

<連休の例>

 

皆様、本日は貴重な連休の1日にも関わらず、私どもの結婚式のためにご都合をつけて頂き、誠にありがとうございます。

 

<遠方からの例>

 

「本日は私たち二人のために、ご遠方よりご臨席賜りまして、誠に感謝の念に耐えません。」

 

このようにアレンジすると良いでしょう。

 

ちなみに、「お忙しい中〜」は「忙しい」が縁起の悪い「忌み言葉」になってしまうので使わない方が良いでしょう。