結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにおけるタブー

 

結婚式のスピーチでタブーと言えば、絶対に言ってはいけない言葉を使うことが挙げられます。

 

例えば、「終わる」や「壊れる」等があります。

 

この他にもいくつか使ってはいけない言葉がありますので、スピーチ依頼を受けた際には十分注意して下さい。

 

いわゆる忌み言葉や重ね言葉と呼ばれる言葉を使わずにスピーチ文を作成するようにしましょう。

 

結婚式のスピーチを受けた場合は、まず原稿用紙にスピーチ文を書いて読んでみることです。

 

また誰かに聞いてもらうというのもいいですね。

 

そうすればおかしな部分がないか、言ってはいけない言葉を使っていないかを確認できます。

 

この他のタブーと言えば、時間の長いスピーチだと列席している方も飽きてしまいますので注意しましょう。

 

なるべく3分程度を目安に作成して下さい。

 

結婚式は時間刻みで進行していくことになりますから、スピーチの時間が長いと進行が遅れることがあります。

 

司会者の方にも気を使い時間は3分以内と覚えておく方がいいでしょう。

 

スピーチの内容は新郎や新婦、そのご両親が気分を壊さないようする配慮も大切です。

 

暴露話や下ネタなどの下品な話、過去の恋愛話、自慢話などはタブーです。

 

激励する際もあまりに押し付けがましく、説教じみた内容にするのもいけません。

 

結婚式は新郎新婦にとって大切な日でもあり、人生にとって思い出深い日ともなります。

 

ですから、結婚式のスピーチを依頼された場合は、新郎新婦を喜ばせられるような内容にすることが何より大切かと思います。

 

新郎新婦を引き立て、心からの祝福の言葉が大切ですね。

 

タブーをおかさないためにも、前もってスピーチ原稿は作成し内容を確認しておくことが大切です。

 

その他、女性がスピーチする場合は服装にも注意しましょう。

 

基本的に新婦とかぶらないことや新婦より目立たないことをポイントに服装を選びましょう。

 

一般的にゲストのNGカラーは「白」だと言われています。

 

また、派手すぎるドレスやキラキラした素材やアクセサリーは避けた方がよいでしょう。

 

小物やアクセサリーなども白は避けた方が良いでしょう。

 

白パールはOKですが、黒い服との組み合わせの場合は縁起が悪いイメージを持つ人もいるので避けた方が良いでしょう。

 

また、黒パールも不祝儀を連想するため結婚式ではNGとなっています。

 

マナーを守って失礼のないようスピーチをしましょう。