結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにおけるマナー

 

結婚式のスピーチのマナーと言えば言葉使いやスピーチの内容、振る舞い方になります。

 

言葉使いが乱暴でもいけませんし、投げやりでもいけません。

 

これは誰もが知っていることですが、スピーチで使用すると縁起が悪い忌み言葉や重ね言葉は使わないようしましょう。

 

最近の若いの方は忌み言葉や重ね言葉をそれほど気にしませんが、年配の方が多く参加する披露宴ではなるべく忌み言葉や重ね言葉を避けた方が無難です。

 

他にも夫婦の別離を連想させる言葉、再婚を連想させる言葉、不幸、不吉、死を連想させる言葉などは避けるようにしましょう。

 

<結婚式で縁起が悪いとされている言葉の例>

 

別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、帰る、帰す、終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、飽きる、捨てる、冷える、冷める、忙しい、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、枯れる、嫌う、嫌い、薄い、疎遠、疎んじる、浅い、憂い、おしまい、返す、ほどける、裂ける、放す、戻る、戻す、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再婚、再三、二度、二回

 

<悪い例>

 

いろいろな思い出をありがとう

 

<良い例>

 

たくさんの思い出をありがとう

 

ちなみに、「、」や「。」などの句読点も縁起が悪いとされているので、結婚式で使用する文章には使わないようにしましょう。

 

文章を読みやすくするために句読点を使いたくなると思いますが、結婚式などのお祝い事では、「切れる」や「終わる」という意味合いを持つため使用しなようがベターです。

 

ただし、句読点が無いと文章が読みづらくなるため、代わりに「スペース」などを使って文章の区切りを工夫すると良いでしょう。

 

<悪い例>

 

本日は、ご結婚おめでとうございます。

 

<良い例>

 

本日は ご結婚おめでとうございます

 

句読点はあくまでも他人に見られる文章が前提なので、スピーチの原稿などの場合には無視しても問題ありません。

 

ですが、手紙形式の結婚式のスピーチで、読み終わった後に新郎新婦に手紙を渡す場合は句読点などは極力使用しないようにしましょう。

 

お祝いの席で縁起が悪いとされている言葉は、日常会話でよく使う言葉も多くあるため、気をつけなければ意外と無意識のうちに使ってしまうこともあります。

 

稀に禁句を使ったスピーチしている方もおりますので気をつけて下さい。

 

それから、暴露話や過去の恋愛話、下ネタ、自慢話、新郎新婦のプライベートに関する話、砕けすぎた話し方などもNGになります。

 

これらの話は参加者に場をわきまえない非常識な人だと思われます。

 

新郎または新婦と仲が良い場合でも、「ヤバイ」、「ぶっちゃけ」、「キモい」、「ウザい」、「チクる」、「ありえない」などの普段使っている言葉は絶対に使ってはいけません。

 

ただし、あまり深刻に考えすぎると、かえって窮屈な文章になりかねませんので、自分の立場に合うおめでとうの言葉をスピーチすると良いでしょう。

 

あとはスピーチの流れを考え、その流れに沿って文章を作成するようにしましょう。

 

<スピーチ構成の例>

 

1.祝福のご挨拶
2.自己紹介
3.新郎または新婦との関係
4.新郎または新婦の人柄、エピソード
5.新郎または新婦を褒める言葉
6.結びの言葉

 

文章が思いつかないというのであれば、文例集を参考にしても良いですが、
そのまま丸ごとパクるのは良くありません。

 

必ずご自身の言葉でお祝いの思いを伝えるようにしましょう。

 

相手の喜ぶ顔をイメージしてスピーチ文を作成し、結婚式にはお祝いの言葉として贈ってあげましょう。

 

結婚式のスピーチは長すぎてもマナーとして良くありません。

 

スピーチの時間の目安は3〜4分程度になります。

 

5分以上のスピーチはゲストが飽きてしまう可能性が高いです。

 

文字数だと、1200〜1400字くらいになります。

 

スピーチする時は、ボソボソ喋らないことや早口にならないこと、棒読みならないことも最低限のマナーと言えます。

 

司会者からの紹介があったら、立ちあがり、その場でゲストに一礼をした後、マイクの前まで向かいましょう。

 

マイクの前に立ったら、新郎新婦や両家のご両親に挨拶をします。

 

スピーチを始める前に新郎新婦とそのご両親に着席を勧めてあげましょう。

 

その後に、背筋を伸ばして堂々とスピーチを始めましょう。

 

マイクとの距離は20cm程度あけるようにしましょう。

 

原稿は見ても大丈夫ですが、目線をずっと下にしていると弱々しいイメージを与えるので、時折正面を見ましょう。

 

結婚式のスピーチで緊張をほぐすためにお酒をたくさん飲む人がいます。

 

コップ一杯程度のお酒なら問題ないと思いますが、酔っぱらってろれつが回らない状態になると何を言っているのか分からなくなるので、マナーとしては良くありません。

 

結婚式のスピーチは真面目な話なので、なるべくお酒は控えるようにしましょう。

 

お酒の飲み過ぎは新郎新婦やゲストに悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

 

スピーチの途中で言葉に詰まった時に「えぇー」を連発する人もいると思いますが、聞いている側には良い印象にはなりませんの注意しましょう。

 

もし言葉に詰まった時は、何も言わずに無言で少し間をおくと良いでしょう。

 

結婚式のスピーチは特に初めてだと緊張してミスしやすくなるので、何度も練習しておきましょう。

 

ボイスレコーダーを使ってスピーチを録音してみることで、客観的に判断できて当日のイメージがしやすくなると思います。