結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチと流行語や若者言葉

 

結婚式でスピーチする時、流行語や若者言葉を使用しスピーチして良いのでしょうか?

 

私の経験上、結婚式で流行語や若者言葉等使ってスピーチしていた方は見たことがありません。

 

あなたはどうでしょうか?

 

ごく少人数での結婚パーティーや、仲間内だけの披露宴でしたら流行語や若者言葉などありなのかもしれません。

 

ですが、両家のご両親や親族、会社の上司や先輩など年配の方や目上の方がいるような結婚式では、自分たちが普段使っている言葉で盛り上げようとする内容のスピーチは控えるべきと言えるでしょう。

 

結婚式や披露宴といったフォーマルな会場で、流行り言葉や若者言葉を使うと、スピーチする人の品位を下げたり、人格を誤解されることもあります。

 

例えば結婚式の友人代表でスピーチする人は、その多くが社会人だと思います。

 

流行語や若者言葉を使ったスピーチをすれば、「社会人としての基礎力に欠けているのではないか?」と列席者に思われることもあります。

 

結婚式の日だけは新郎新婦を引き立てるような祝福の言葉でお祝いしたいものです。

 

新郎新婦に不快感を与えないよう、せっかくのおめでたい日を心から祝福できるような言葉でスピーチするべきだと言えます。

 

言葉使いは時として自分自身が恥ずかしい思いをすることもあります。

 

結婚式は新郎新婦にとって門出の日でもあり、円満に多くの方に祝福され式を無事に済ませたく思うはずですから、あなたの言葉で場を悪くしたり、不快な思いをさせることはあなた自身にも良くありません。

 

スピーチ文例集などを参考にして、どんな話し方が良いのかよく検討して結婚式にふさわしいスピーチをして頂きたいと思います。

 

タイミングよく流行語や若者言葉を使って場を和ませる話術があるのなら、スピーチ文の中に取り入れ話すことは良いかもしれません。

 

とは言え、流行語や若者言葉を使う時は、相手が友達や仲間内などの限定的な時だけにする方が良いでしょう。

 

初対面の人やあまり知らない相手、特に年配の方の前では、流行語や若者言葉は使わないようにしましょう。

 

なるべくスピーチ文例集を参考にし、自分のエピソードを織り交ぜてスピーチするようにしましょう。