結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

嫌われる結婚式のスピーチ

 

結婚式は両家のご両親や親族、職場関係の方、新郎新婦の友人・知人など様々な方々が参列されますから、嫌われるようなスピーチをするとひんしゅくを買ったり、あなたの人格が疑われることもあります。

 

嫌われる結婚式のスピーチとして挙げられるのは、結婚式にふさわしくない言葉や言葉使い、自分本位な文章がスピーチ内にある場合などになります。

 

多くの方がご存知だとは思いますが、結婚式というおめでたい席では悪い意味を連想させる「忌み言葉」の使用は控えるべきです。

 

例えば、「別れる、切る、切れる、離れる、飽きる、裂ける、返す、再び、再度、再々、二度、二回、再三、終わる、終える、死ぬ、逝く、倒れる、倒産」などです。

 

もちろん、これらはほんの一部であり、挙げたらキリがないほど忌み言葉はあります。

 

最近はやや寛容になっている傾向があるとは言え、別れや死を直接的に表現している言葉は絶対に避けるべきだと思います。

 

例えば、「別れる、去る、切れる、破れる、割れる、壊れる、死ぬ、亡くす、病気」などになります。

 

それから、特に若い世代の人は、「やばい、ぶっちゃけ、ウザい、キモい、チクる」などの俗語にも注意して下さい。

 

その他、「パチンコ、スロット、麻雀」などギャンブルに関係する言葉や、「頼りない、頑固、だらしない、ルーズ、嘘つき、信頼できない」など悪い印象を与える言葉、「○○教、○○党、○○議員」などの特定の宗教や政治関連の言葉なども結婚式というフォーマルな場にはそぐわない言葉です。

 

非常にたくさんありますが、常識的に考えて結婚式という場にはふさわしくない言葉は使わないように配慮をしましょう。

 

それから、スピーチ内容にも新郎新婦やゲストに嫌われる文章があるので、注意しましょう。

 

例えば、新郎新婦に対する愚痴や暴露話、下品な話等をスピーチ文章に入れることです。

 

これらの内容をスピーチに入れることは、普通に考えてありえないでしょうが、稀にそういった場をわきまえないスピーチがあります。

 

新郎新婦やゲストに不快な思いをさせるような内容のスピーチは嫌われます。

 

この他に説教まがいのスピーチや話が長すぎるというのも嫌われます。

 

また、会社関係者の方がスピーチをする際に、会社のPRや業績等の自慢話をしてしまう方も中にはいますが、これも良くないでしょう。

 

この他に嫌われる結婚式スピーチというと、よく知ったふりをして名言や格言、諺を使用しスピーチにする方になります。

 

もちろん、名言や格言を使ってはいけないということはありませんが、稀に内容が合っていない方もいらっしゃいます。

 

内容をよく知らないのにスピーチ文章に入れて述べるのも考えものです。

 

また、内容があまりにも古い名言や格言や結婚式では定番の名言や格言で誰もが知っているような内容のものは避けた方が良いと思います。

 

その他、私が参加した結婚式において、家柄が良い家系の結婚式での場合、親の話がメインになりすぎるスピーチという例もありました。

 

結婚式は新郎新婦のためのもの、親の話は列席者、新郎新婦にも不快な思いをさせるだけですから注意しましょう。

 

特に女性が結婚式でスピーチする時は、服装にも十分気をつけて頂きたいと思います。

 

結婚式に着ていくドレスやワンピースには、一般的にドレスコードと呼ばれる服装のマナーがあります。

 

白やベージュ、薄い黄色のドレス、露出の高い服装(夜はOK)は、原則結婚式ではNGの服装と言われています。

 

服装を選ぶ時は新婦よりも目立たないようにしましょう。

 

また、ファーや毛皮、アニマル柄、皮製品なども殺生をイメージするためNGです。

 

これらの服装を着ていくと自分も恥をかきますが、招待側の花嫁花婿にも恥をかかせてしまいます。

 

もしあなたがスピーチを依頼された場合は、嫌われるスピーチにならないように、ここで紹介したことを参考になさって下さい。

 

結婚式のスピーチは新郎新婦を引き立てて祝福を贈る言葉ですから、色々なスピーチ文集などを参考になさり、いい結婚式を挙げられることが出来るようスピーチを依頼された方も配慮しなければいけません。