結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

新郎から父への結婚式スピーチ文例

 

新郎から父親へのスピーチは、まずテーマを決め手紙にしてみると書きやすいかと思います。

 

普段は到底言えない恥ずかしいことも、この場を借りて感謝の言葉として、父親へとプレゼントしてあげてください。

 

具体的な文例として最初は結婚式というこの日を迎えられた感謝を伝えましょう。

 

今までの日々を振り返り、生意気なことを言った時や困らせてしまったこと等、思い出を振り返りながら謝罪し、感謝の言葉で伝えていきましょう。

 

そして、ここまで成長できたことの感謝や子供の頃の日々を振り返りながらお父さんとの思い出の中で成長してきたという気持を伝えましょう。

 

最後にこれから新たに作る家庭への意気込みや「お父さんのように家族を守り暖かな家庭を作ります」というような流れで終了します。

 

新郎から父親へのスピーチは新婦両親へのスピーチとは違い嫁ぐ淋しさというのでなく、今まで世話になり有難うという感謝と、「これからもよろしく御願いします」という思いが入った文章が良いと思います。

 

また、時間的にもあまり長引かない方が良いと思います。

 

一般的には1分〜2分ほどが一番聞きやすいかと思います。

 

整理をすると結婚式を迎えられた感謝の気持、両親、父、母との思い出、今しかいえない言葉を伝えます。

 

例えば、お父さんの背中を見つめながらここまで大きくなった等。

 

感謝の言葉と共に新たなスタートへの決意というような流れで文章を作ると良いと思います。

 

内容や言葉は思いのまま伝えることが一番伝わりますので、普段は恥ずかしくて言えないことも一生に1度の日ですから思い切って手紙にしてスピーチするといいでしょう。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ