結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチの最適な時間

 

結婚式スピーチを依頼された時、時間については気になさる方も多いと思います。

 

結婚式スピーチの時間は一般的に3分程度が妥当だと言われています。

 

どの文例集をみても3分程度が妥当だと書いてあるので、それを参考にして作成していると思います。

 

文字数で考えると800文字〜1000文字程度が丁度いいようです。

 

スピーチを作成する際には、文字数のことを考えながら作成するといいかもしれませんね。

 

ただし、スピーチの時間は4分や5分の場合と人により違うこともあります。

 

もちろん、スピーチの時間が4分や5分になったらかと言って悪いわけではありません。

 

ですが、人間はあまり長い間集中することが出来ないので、長すぎるのは飽きられる傾向にあり、やはり適度な3分程度でスピーチを収める方がよさそうです。

 

逆に短すぎてしまう場合は記憶に残らず何を話したかわからないという場合もありますから、注意しましょう。

 

結婚式スピーチの最適な時間を考えるなら、スピーチ原稿を時間も気にとめながら読んでみてちょっと3分には届かない、短めかなと感じるぐらいが丁度いいと言えます。

 

あとは話し方や読むスピードを考えてスピーチすることも大切です。

 

緊張して早口になると、聞き手に伝わりにくくなります。

 

新郎新婦を引き立て、盛り上げられるような内容と少しの楽しいエピソードを織り交ぜながらスピーチしましょう。

 

3分以内に収めるときっとステキなスピーチを贈れることと思います。

 

ですが、注意として時間ばかりに囚われ過ぎて、内容が粗雑なものにならないように気をつけましょう。

 

時間はあくまで目安としてスピーチ作りは、まず話す内容をきちんとまとめてから時間を気にかけてみましょう。