結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにおける言葉使い

 

結婚式のスピーチでは、言葉使いに注意する必要があります。

 

友人代表として選ばれスピーチする場合でも、披露宴会場というフォーマルな場ですから、いつも通りの口調ではいけません。

 

「友達だから何を言っても許されるだろう」というわけではありません。

 

スピーチするご自身でもお気づきになるとは思いますが、結婚式には色々な方が出席していて、年齢もかなり幅広い方が出席します。

 

新郎新婦のご家族や親族など年配の方も多く出席されています。

 

会場をしらけさせないためにも、言葉使いには十分に注意したいものです。

 

また若い方だと、ついつい話し言葉を使いがちです。

 

お祝いの席なので、「ぶっちゃけ」、「マジ」、「超〜」、「ヤバイ」などの言葉使いは控えるようにしましょう。

 

友人だとしてもこの日だけは謙譲語で話すことが望ましいのではないかと思います。

 

だからといってあまりに使い慣れない言葉ではぎこちなく感じますから、なるべく丁寧にいつもより上品に話しましょう。

 

「ですます」調にしておくと無難です。

 

そして、新郎新婦を引き立てられるような口調で話しましょう。

 

そうすれば自然に丁寧な言葉でスピーチできると思います。

 

また、結婚式でスピーチをする時の注意として、使ってはいけない言葉など十分気をつけスピーチをするよう心がけて下さい。

 

例えば、「終わる」、「破れる」、「去る」、「帰る」、「苦しむ」などの言葉は使わないようにして、十分配慮して頂きたいと思います。

 

せっかくのおめでたい雰囲気の式が、言葉一つでいっきに冷めてしまうということもよくあるようです。

 

もしこれらの忌み言葉を使ってしまったら、「失礼しました。」と軽く謝罪して話を進めましょう。

 

結婚式のスピーチは、大勢の前で話すことを前提に文章を考えれば自然に「〇〇だよね」という言葉が「〇〇でしたね」と言えてくるものです。

 

場をわきまえたスピーチをすれば、丁寧な言葉使いは自然に出てくると思います。

 

あとは言ってはいけない話題に気をつけ、新郎新婦のためにステキなスピーチを贈って頂きたいと思います。

 

若い新婦新郎に向かって、「若い」と言うのはタブーです。

 

「綺麗」、「美しい」、「可愛らしい」などがベターです。

 

再婚の場合、「今度こそは幸せになってね」などはNGです。

 

晩婚の場合、「この度はようやく話がまとまり」などはNGです。

 

できちゃった結婚の場合は、子供の話などはわざわざ言わないようにしましょう。

 

姉さん女房の場合は年齢に触れないようにしましょう。

 

ちなみに、表現法として結婚式での場合はケーキナイフで切るという表現はしません。

 

ケーキにナイフを入れるという表現をします。

 

また席に戻るではなく席に進むなどとも表現することから、禁止用語を使用しない心配りが結婚式には必要であると解釈できます。