結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

長所と短所を入れた結婚式のスピーチ

 

結婚式のスピーチで長所を入れることは簡単です。

 

しかし、結婚式のスピーチで短所を上手く入れたスピーチをするのは意外と難しいかもしれませんね。

 

結婚式のスピーチは新郎新婦が引き立てられるような内容にするのが普通ですから、マイナスになるようなことを入れた内容のスピーチは以外に難しいです。

 

短所を入れた文章は友人や古くからの知人、会社の同期や上司という関係の方が適していると思います。

 

また、友人や上司だからこそ言える長所や短所があると思います。

 

新郎新婦のエピソードを述べる時に上手く長所や短所を言えたら、あなただけのスピーチとして新郎新婦にも心温まるものになると思います。

 

例えば、あなたが会社の上司だとしたら、「最初入社した当時、〇〇君は少し頼りなく思えるほどでしたが、〇〇をきっかけに素晴らしい力を発揮し、職場のみんなも驚かせました。今では会社ではなくてはならない存在です。」というようなスピーチです。

 

最初は落とす内容にして、素晴らしいという文章にすると短所を言っても新郎又は新婦を引き立てることが出来ます。

 

新婦の友人代表スピーチなら「ここが少し早とちりで困るけど、本当にお人よしというぐらいに人がよく、誰に対しても優しい人です。だからこそ、二人で築く家庭もきっと温かく、優しく見守れる奥さんになれると思います。」というようなスピーチです。

 

このような感じで困る部分(短所)を述べた後は長所で引き立てるという文章にすると、友人としてのステキな結婚式スピーチに仕上げられると思います。

 

つまり、短所を入れるスピーチにする時は短所を述べたら、必ず長所でフォローし引き立てる内容にすることが大切ですね。

 

あなたにしか言えない長所と短所があると思いますので、結婚式のお祝いの言葉として素敵なスピーチを贈って下さい。