結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチにおける結びの言葉

 

結婚式のスピーチは、「出だしの挨拶」→「自己紹介」→「エピソード」→「激励や支援」→「結びの言葉」といった流れを意識して組み立てます。

 

結婚式スピーチの結びの言葉とは、スピーチ最後の言葉となりますが、基本的に祝福の言葉で締めるのが一般的です。

 

例えば「簡単ではございますが、新郎新婦のご幸福、ご両家のご繁栄を申し上げ私の祝辞とさせて頂きます。本日はおめでとうございました。」などと言います。

 

この文章でスピーチ最後の祝福文が結びの言葉となります。

 

基本的に新郎新婦の幸せを祈る文と両家の繁栄を述べる文がスピーチの終わりとしての結びの言葉となります。

 

また、結びの言葉としてこれからの新郎新婦に対する生活への支援文と新郎新婦の祝福を述べる形としても良いと思います。

 

例えば、最後には「お二人の前途を祝福し私の挨拶とさせて頂きます。」で終了する形の文章でも結婚式スピーチとして大変良いと思います。

 

結婚式スピーチは緊張するものですが、前もってスピーチを依頼された時には、原稿を作成しおかしな点がないかを確認してみることが大切です。

 

例えば、誰かに聞いてもらう、作成した文章を見てもらうなどした方がいいかもしれないですね。

 

お祝いの言葉、エピソード等が終わったら、最後に改めてお祝いの言葉を述べて結びの言葉につなげていきます。

 

この時に招待してもらったことへのお礼も忘れずに言いましょう。

 

例えば、結びの言葉を言った後に「本日はお招き頂きまして本当にありがとうございました。」などと付け加えると良いでしょう。

 

基本的にあまり難しいことは気にせず、あなたが新郎又は新婦に対する率直な思いを祝福の言葉としてスピーチすることが一番ではないかと思います。

 

友人による砕けたスピーチの場合でも真面目に締めると印象が良くなります。

 

新郎がスピーチする場合の結びの言葉としては、次のようなパターンがあります。

 

<例1>

 

「未熟な二人ですが、これからは二人で支え合って暖かい家庭を作っていきたいと思います。

 

これからも、今までと変わらず、ご指導ご鞭撻を頂きますよう、お願い申し上げます。

 

本日は誠にありがとうございます。」

 

<例2>

 

「皆様とは、今後とも末永くお付き合いできればと思っております。

 

本日は私達の門出を祝福して頂き、誠にありがとうございました。」

 

<例3>

 

「結びになりますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈りして、私からの挨拶とさせていただきます。

 

本日は誠にありがとうございました。」

 

二次会などのカジュアルな場での結びの言葉としては、次のようなパターンがあります。

 

「今日から僕たちは新しい家庭を築いていきます。

 

みんなが祝ってくれたこの日のことを一生忘れることなく、歩んでいきたいと思います。

 

これからも、僕たち二人のことをよろしくお願い致します。

 

本日はありがとうございました。」

 

このような結びの言葉を参考にして、ご自身の言葉で感謝を伝えるようにしましょう。