結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式のスピーチおける激励の言葉

 

結婚式のスピーチには激励の言葉を入れるのが一般的です。

 

激励の言葉とは新郎新婦を励まし、元気づける言葉になります。

 

激励の言葉を入れることで、激励された側は嬉しくなったり元気になったりします。

 

激励の言葉がプレッシャーになり過ぎてはいけませんが、言われて嬉しい激励の言葉というのもたくさんあります。

 

「新郎新婦の幸せを願っている」ということを伝えることが大切です。

 

新郎新婦がこれから夫婦として人生を歩んでいくにあたり、2人の背中を押してあげる激励の言葉をかけてあげましょう。

 

例文を参考して無難な激励をするのも悪くはありませんが、新郎新婦のことを一生懸命考えて、オリジナリティあふれる激励をすることが大切だと思います。

 

例えば、「きっと2人なら、幸せな家庭を築いていけるでしょう。」などと自信を持って2人の幸せを確信していることを素直に伝えてあげましょう。

 

結婚式のスピーチにおける激励の言葉として注意することと言えば説教がましくならないことです。

 

せっかくの結婚式が説教で激励というのは、あまり歓迎されませんので注意する方がいいですね。

 

友人や同期のスピーチにはあまり考えられませんが、上司のスピーチや新郎又は新婦にとって目上の方のスピーチには、時として激励のつもりが説教になっているのではというスピーチがありますから注意するようにしましょう。

 

既婚者、経験者がスピーチする際、わかっているからこそ言える笑い話的な文をアドバイスと交え支援する形の文章が結婚式のスピーチにはふさわしいかと思います。

 

例えば、「愛する気持ちを継続するのは難しいですが、お互いの気持ちを通い合わせ今日の日の気持ちを忘れず支えあって頂きたいと思います。」のような文を激励の言葉として述べると良いでしょう。

 

または、名言や名句を使用した文を作成してみましょう。

 

ただし、名言を使用した文を作成する時は必ず内容と文章を調べ誤りのないスピーチになるよう心がけましょう。

 

結婚式スピーチの激励の言葉には、「困難はあったとしても二人ならきっと乗り越えられる、今日の日の思いをお互いに忘れず頑張ってほしい」というような内容が適切ではないかと思います。

 

注意点として結婚式のスピーチには使用してはいけないとされる禁句があります。

 

例えば、別れを連想させたり、不幸・不吉な言葉、繰り返す重ね言葉などで、縁起が悪いと言われており、絶対に使ってはいけません。

 

その点にも十分に気をつけ新郎新婦への激励の言葉をスピーチして頂きたいと思います。