結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチの原稿作成

 

結婚式のスピーチを依頼された時は、原稿作成するのが一般的です。

 

大勢の人前で何も見ないでスラスラと話せる人はいないと思います。

 

ですので、原稿を見ながら結婚式でスピーチをします。

 

もちろん、結婚式において原稿を見ながら話す事は、全く問題ありません。

 

人前で話す事が苦手な方でも、原稿を見ることで少しは緊張が和らぎます。

 

特に初めて結婚式でスピーチする人は緊張しすぎてパニックになるよりは、原稿を見ながら落ち着いてスピーチする方が良いでしょう。

 

また、最近の友人代表スピーチでは手紙形式が人気のようです。

 

手紙形式にすることで、感動的なスピーチになりやすく、読んだ手紙をそのまま渡す事もできるので、新郎新婦にとっては思い出の記念になることでしょう。

 

上司や主賓がスピーチする際でも原稿を見ながら話すことは問題ありません。

 

原稿を見ず話せれば素敵かもしれませんが、話が無駄に長くなったり、まとまりのないスピーチになるぐらいでしたら、原稿を確認しながらスピーチした方が良いでしょう。

 

紙の規定はありませんが、通常はA5サイズ程度の紙か原稿用紙が最適なサイズでしょう。

 

手に隠れるような小さなメモ帳などをコソコソと確認するのは見た目の印象が悪いものです。

 

手紙形式など、読んだ原稿を新郎新婦に渡すのであれば、レターセットや便箋などで作成すると良いでしょう。

 

新郎新婦の好きな色や柄の紙を使うと喜ばれるでしょう。

 

ただし、あまりカラフルな色でスピーチがしづらいものにならないよう注意しましょう。

 

新郎新婦に渡す場合は、封筒も準備しておくと良いでしょう。

 

紙を見ながら話す事について、事前に断わりを入れる必要はありません。

 

原稿はスピーチの最初から見ないようにしましょう。

 

また締めの挨拶も同様です。

 

冒頭の挨拶と締めの挨拶だけは、原稿を見ないで話せるよう練習しておきましょう。

 

特に、主賓や上司の方など目上の人は、「原稿を見ないと挨拶もできないのか・・・」と列席者の方に思われてしまいます。

 

冒頭の挨拶が終わったら原稿を堂々と見ながらスピーチしても大丈夫です。

 

手紙の場合は、両手で持って気持ちを込めて読みましょう。

 

完成したスピーチ原稿は必ず読み返して、NGワードを使っていないか確認しましょう。

 

例えば、「切れる」、「割れる」、「別れる」などの忌み言葉や、「ますます」「いろいろ」などの重ね言葉を使用しないのが結婚式におけるマナーの大原則です。

 

スピーチする人にもよりますが、結婚式のスピーチにおける所要時間の基本は3分です。

 

ちなみに、媒酌人なら10分、主賓挨拶は3〜5分程度を目安にすると良いでしょう。

 

スピーチ原稿は必ず新郎新婦へ話してもよい話題か確認することも大切です。

 

もしかしたら、スピーチで触れてほしくない話題があるかも知れません。

 

例えば挙式中に妊娠発表をしたいと考えていたり、妊娠は伏せておきたいと考えていたりする場合です。

 

そのため、新郎新婦のことを配慮しつつ、事前に確認を取っておくとお互い安心ですね。

 

出来上がった原稿は棒読みにならないように、噛まないように、長くなり過ぎないように何度も練習して本番に挑みましょう。

 

結婚式当時をしっかりとイメージして練習することで、練習と結婚式当日のギャップを少しでも埋められるように努めましょう。