結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチの上手な作り方

 

結婚式スピーチは新郎新婦に対してのお祝いの言葉ですし、記憶に残る大切な言葉でもあります。

 

しかし依頼された側は、大勢の前で話すわけですから、緊張は隠せないのが現実です。

 

ある程度の緊張は仕方がありませんので、新郎又は新婦のために上手なスピーチを作り祝福してあげましょう。

 

とは言え、初めてスピーチをする方は、どんなスピーチをすればいいのかわからない場合が多いですよね。

 

そんな時はまず伝えたいことを書いてみるようにしましょう。

 

つまり原稿にするということです。

 

お祝いの言葉、自分と新郎又は新婦との関係、二人の思い出話、これからの新郎新婦に対する支援の言葉や激励などを原稿にまとめましょう。

 

ある程度完成したら声を出して呼んでみましょう。

 

この時、出来れば家族や友人など人に聞いてもらうといいでしょう。

 

誰かにスピーチ原稿を聞いてもらうと、おかしい箇所もわかり一番いいかもしれないですね。

 

また作成し読んでみる時、時間も多少気にかけながら読むようにしましょう。

 

長すぎていないか、短すぎていないかを確認して読んでみましょう。

 

通常時間は3分程度がスピーチでは最適だと言われています。

 

ピッタリとまではいかなくても、大体3分程度に収まるようになっていることが大切です。

 

ただし、長く書いてしまって3分では足りないと急いで読んで時間を合わせるなどはいけません。

 

スピーチはゆっくり丁寧に心を込めて新郎新婦のために贈りましょう。

 

短すぎたり、3分を超えてしまったりした時は、原稿用紙を使ってスピーチ文を書いてみましょう。

 

大体800〜1000文字程度が丁度良い長さになるようです。

 

スピーチの内容は新郎新婦の喜んでいる姿を想像して文章を考えてみるとよいでしょう。

 

結婚式スピーチを上手に作りたい場合は、以上のようなことに気をつけてみるといいでしょう。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ