結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式二次会のスピーチ文例

 

結婚式二次会のスピーチというと、結婚式よりはもっとざっくばらんな感覚でスピーチする場合が多いでしょう。

 

また、スピーチの形式は手紙による読み上げが多く、司会者からという場合や新郎が新婦へのサプライズの手紙、スピーチもあるようです。

 

通常、新婦の友人などが多いようですが、新郎から新婦へのサプライズというのも面白いですね。

 

まず、新婦側の友人であれば堅苦しい挨拶ばかりの文章よりかは、新婦のかわいさが出るような失敗エピソードなんかもいいでしょうね。

 

結婚式二次会のスピーチを新郎から新婦へのサプライズにした場合、文章例として初めに無事に結婚式を向かえたことのお礼を述べる形になります。

 

「今日はご出席頂き誠に有難うございました。

 

本日は皆さまのおかげをもちまして、晴れて夫婦となることが出来たことをここで改めてご報告させて頂きます。

 

また、二次会にも多くの方にご参加頂きありがとうございます。

 

時間は十分ございますので、この会を存分に楽しんで頂きたいと思います。」

 

ここから新郎が新婦へ贈るサプライズ文とすると新婦への感謝やこれまでのエピソード、またこれからもヨロシクという意味合いを含めたお手紙とします。

 

もし、あなたが結婚式二次会のスピーチを依頼された場合は、二次会の演出法やアイデアを紹介した実例集がありますので、参考にしてみるといいと思います。

 

新婦友人が結婚式二次会のスピーチ依頼を受けた場合、出だしの挨拶は次のように始めるといいでしょう。

 

「〇〇さん、〇〇さん、今日は本当におめでとうございます。

 

私は新婦〇〇さんの学生からの友人の〇〇と申します。」

 

この後は新婦との交際のきっかけエピソードやちょっとまぬけなエピソードも入れながら、新婦との思い出を紹介し、最後に祝福の言葉を述べて気さくな感じのスピーチで良いと思います。

 

結婚式・二次会 女性のスピーチ

 

結婚式・二次会 女性のスピーチ

中古価格
¥179から
(2018/3/27 01:29時点)

 

<内容紹介>

 

結婚式や二次会に役立つ、友人?同僚代表のスピーチ文例集。

 

吉川美代子さんが、結婚式スピーチの基本から緊張しないための心持ちまでを解説。

 

豊富な経験をもとに、思いの伝わるスピーチを成功させるコツを指南します。

 

スピーチ原稿の具体的な書き方や、ありがちな失敗例、関係性別の文例集など、実用的で役立つ1冊です。