結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

来賓の結婚式スピーチ文例

 

来賓としてのスピーチには必ず結婚するお二人、新郎新婦との関係を話します。

 

また、新郎新婦いずれかの人柄等も紹介し、結びには二人へのお祝いを述べます。

 

来賓としてのスピーチ文例は冒頭の挨拶、関係、いずれかの人柄紹介、お祝いの言葉の流れでスピーチを行ないます。

 

「〇〇君、〇〇さんおめでとう。

 

ご両家の皆さま、本日は誠におめでとうございます。

 

もしくは「ご両家の皆さまには心よりお祝い申し上げます。」でもいいでしょう。

 

ただ今ご紹介に与かりました〇〇と申します。

 

新郎の〇〇君とは(新婦の〇〇さんとは)彼(彼女)が入社した頃からの付き合いとなります。

 

(※新婦ならば高校時代担任の教師をしておりました〇〇です。)

 

ここからは新郎または新婦についてのエピソードや人柄等を紹介します。

 

最後に結びの言葉として次のように締めくくります。

 

「〇〇君、〇〇さん本日は本当におめでとうございます。

 

またご両家の皆さまには本日お招き頂き誠に有難うございます。

 

これからは夫婦力を合わせ長い人生を歩むこととなりますが、末永いお幸せを心からお祈りし、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。」

 

通常スピーチには3分ぐらいが丁度良いと言われています。

 

しかし、時間通りというのはプロではありませんから、難しいかと思いますので、スピーチ依頼を受ける時には、必ず練習をすることをお勧め致します。

 

仮にスピーチに慣れている方でも一度ぐらいの練習は必要でしょう。

 

慣れているからといって長々スピーチするのは嫌われてしまいますので注意しましょう。

 

あがり症の方は特に練習が必要ですから、結婚式当日までには、多少スピーチ文に慣れることが必要でしょう。

 

主賓・来賓・上司のスピーチ ― ジーンと心に響く!

 

主賓・来賓・上司のスピーチ ― ジーンと心に響く! (すぐ使える! 心に残る! 話し方とマナー)

中古価格
¥683から
(2018/3/27 01:18時点)

 

<内容紹介>

 

披露宴に招かれてあいさつをするからには、何か新郎新婦の心に響くひとことを残したいもの!

 

そんなオリジナルな原稿を作成するコツを3ステップでご紹介するほか、そのまま、あるいはアレンジして使える文例がたくさん掲載されています。

 

さらに、書き込んでいくと自然にスピーチの原稿ができ上がるという便利なページもついている、まさにスピーチのための1冊です。

 

スピーチのほか、結婚式に出席するためのマナー・常識についてもご紹介しています。

 

内容はパート1スピーチ原稿の作り方、パート2祝辞文例集、パート3そのまま使えるオールマイティ文例集、パート4わけありカップルに贈る文例集、パート5乾杯と締めのあいさつ文例集、パート6ふたりに贈る言葉カタログ。