結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

新婦の同期による結婚式スピーチ文例

 

ここでは、新婦の職場の同期による結婚式スピーチの文例をご紹介したいと思います。

 

「ただ今ご紹介に与かりました〇〇と申します。

 

〇〇さん、〇〇さん、本日はご結婚おめでとうございます。

 

ご両家の皆さま、誠におめでとうございます。

 

私〇〇と〇〇さんは会社の同期になります。

 

会社でも一緒ですし休日もよく二人で出かけていたほど仲良くして頂いておりました。

 

もちろん、社内でも仕事に真面目で気もよくきくステキな女性です。

 

どんな仕事にも嫌がる顔をせず率先して引き受けるような素晴らしい女性です。

 

人望も厚く後輩や上司など皆に慕われる本当に素晴らしい女性です。

 

そんな彼女から新郎〇〇さんのことを聞き、結婚すると聞いた時は本当に喜びました。

 

ただ内心寂しいという気持もありましたが、新郎〇〇さんと会い、良かったと心から思いました。

 

新郎〇〇さんは新婦〇〇さん同様、周りの方に気遣いのできる方です。

 

私と会っている時にも二人して私を気遣ってくれて、かえって中の良さが目立ち、憧れていました。

 

そんな二人がこれから新たな人生を歩んでいく今日を、私は職場の同期、友人として見守ってあげたいという気持でいっぱいです。

 

たまにはお二人のお家に邪魔しに伺いますが、その時はよろしくお願いします。

 

今日は本当におめでとうございます。

 

ご両家の皆さまおめでとうございます。」

 

職場の同期という立場でスピーチ文を考えると、新婦の方には色々な思いがあると思います。

 

一緒に働き、一緒に苦悩したこと、一緒に話し合ったこと、また新婦の職場での様子を織り交ぜながらエピソードに盛り込み述べることが良いのではないでしょうか。

 

文例はあくまで参考ですから、ご自身と新婦の思い出をお祝いの言葉とともに贈りましょう。