結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

結婚式スピーチ文例の構成

 

結婚式スピーチといえば友人、同僚、または媒酌人などスピーチをする方により色々なスピーチが思い浮かべられます。

 

ただいずれにも共通して言えることはスピーチの長さは短すぎもいけませんし、長すぎるのもマイナスです。

 

あまりに長すぎるのは聴く側にとって飽きを感じさせてしまいますので、長さとしては通常1分〜3分内にするのが常識的なようです。

 

また文章的にも体裁に拘りすぎず、難しい言葉を並べすぎないことがスピーチの文例の基本でもあります。

 

立派な言葉ではなく心がこもった言葉に感情が伝わりやすいと言えます。

 

そして、スピーチには欠かせないエピソードはいくつも入れない方がまとまりやすくなります。

 

構成的には出だしの言葉から始まり、祝辞の礼に続き、ここでいくつかのエピソードの中の一つを話し、最後の言葉のような構成になるとまとまりやすく聴く側にも感情が伝わりやすくなります。

 

つまり、起承転結により構成することでスッキリとした感情がこもったスピーチとなります。

 

ただスピーチを読む際に気をつけなければいけないのが原稿の棒読みです。

 

つまり、読んでいるという感じになってはいけないということです。

 

そうなると原稿がない方がいいと思えますが、やはり当日は緊張もありますし、原稿は用意した方がいいでしょう。

 

もちろん、最適なのはスピーチ文を頭に入れておくことです。

 

よく原稿は確認のみに収める方が朗読的にはならずに済むと言います。

 

ただし、緊張のあまり度忘れということもありますから、原稿として持ち読む時に句読点等に間を取ると朗読的にはならないと言えます。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ