結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

親戚の叔父による結婚式スピーチ文例

 

親戚の叔父によるスピーチ文例には、新郎又は新婦の幼き頃の思い出を織り交ぜながらのスピーチとなります。

 

親戚の叔父によるスピーチ文例の出だしとして、次のようなパターンがあります。

 

「〇〇君、〇〇さんご結婚おめでとうございます。

 

ただ今ご紹介に与かりました新郎、叔父の〇〇と申します。」

 

ここから叔父としての思い出やエピソードを語り始める形となります。

 

ここで両親の心情や自身の思い出を語ることが、聴く側にとっても優しく微笑ましい雰囲気となるスピーチになります。

 

またエピソードを語り終えた後、新郎新婦への祝福の言葉として、「お互いに支えあい温かい家庭を築いて下さい。今日は誠におめでとうございます。」という流れで終えます。

 

この時、親族とはゲストという立場でもあり、主催者側という立場でもありますから、新郎新婦へのお祝いの言葉と同時に列席者へのお礼の言葉や今後のご支援を願う言葉を添えることが望ましいと言えます。

 

つまり、列席頂いた皆さんへの感謝、思い出やエピソード、今後の生活の心構えや支援、媒酌人、列席者のお礼と共に新郎新婦への指導を賜るお願い等を語り、結びの言葉とすると良いでしょう。

 

また、スピーチとは長々と語ることも、短すぎるというのも考えもので、内容的には3分以内にまとめるのがベストとされていま、

 

一度書いた文章を読み返し練習してみながら、時間の調整もしましょう。

 

親戚の叔父による結婚式スピーチのポイントとして、新たな親族が増えることの喜び、心から歓迎しているという思いを伝えることが大切です。

 

あがり症だという方は何回かスピーチ文章を読み返して、棒読みにならないよう間を考えた話し方を練習しておくと良いでしょう。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ