結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

親族代表の結婚式スピーチ文例

 

結婚式スピーチには様々な立場においての言葉がありますが、通常スピーチは3分ぐらいが基本であると考えられています。

 

親族代表としてスピーチする場合も同じくそのぐらいの長さが基本のようです。

 

スピーチとしてまず自己紹介から始まるわけですが、続いてゲスト、列席者へのお礼、過去の新郎又は新婦のエピソードを織り交ぜ、今後の二人への期待や夫婦となる心構え、新郎新婦に対するご指導やご支援をお願いし媒酌人や列席頂いたことへのお礼を述べ結びの言葉とします。

 

例えば、文例として次のようなパターンがあります。

 

「皆様本日はお忙しい中、またはご多用の中〇〇家、〇〇家の結婚披露宴にご列席頂き誠にありがとうございます。

 

親族一同心より感謝しております。

 

私は新郎〇〇君の〇〇にあたる〇〇と申します。

 

僭越ながら親族を代表し一言ご挨拶申し上げたいと思います。」

 

ここで新郎のエピソードを織り交ぜながら、新郎新婦二人への激励の言葉や列席頂いた皆さんの繁栄を願うと共に新郎新婦の幸福を願い、二人の今後起こりうる試練や苦境に対する激励と今日の日を忘れずに力を合わせて頑張って欲しいという思いなどをまとめましょう。

 

最後に列席頂いた皆さまへのご指導をお願いし、新郎新婦へのお祝いの言葉として締めくくります。

 

例えば、最後には次のような結びの言葉とします。

 

「本日はご列席頂いた皆さまには変らぬご支援とご鞭撻を主役である新郎新婦に頂けることを親族代表としてお願い申し上げます。

 

それでは両家並びに列席者の皆さまの益々の繁栄をお祈りし、私からの挨拶とさせて頂きます。

 

本日はお忙しい中、誠に有難うございました。」

 

更に最後に新郎新婦に対する言葉として、「お二人も末永くお幸せに!」という言葉も付け加えると良いでしょう。

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!

 

心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて! (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

中古価格
¥1から
(2018/3/27 15:49時点)

 

<内容紹介>

 

今さら人に聞けない。

 

結婚スピーチ、謝辞、あいさつの基本がすべてこの一冊に詰まっています。

 

どんなお話が列席者の心に響くのかを徹底リサーチ。

 

豊富な文例を使ってポイントを丁寧に解説しています。

 

両親、親族、新郎新婦までカバーした一家で使える幅広さも魅力。

 

そして内容がぎっしり詰まっているのにリーズナブルというお得なところもうれしい。

 

スピーチに定評のある、あの市田ひろみが監修を務めている安心感も素晴らしい。

 

PART1 心に響く結婚スピーチを実現させるには

 

PART2 両親からの謝辞

 

PART3 親族の謝辞とスピーチ

 

PART4 新郎新婦からの謝辞とウェルカムスピーチ

 

PART5 二次会でのスピーチとあいさつ