結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

仲人の結婚式スピーチ文例

 

一般にスピーチの長さとは3分以内に収めるのが基本とされています。

 

ただし、3分以内なら何分でもいいというものでもなく、短すぎてしまうのも内容が無いような感じとして捉えられてしまうので、上手に時間内に収まるようにしましょう。

 

通常、結婚式スピーチの文例の構成としては起承転結で考えます。

 

その方が聞いている方々も飽きずに聴くことが出来るとされています。

 

また、内容にはあまり長い文句、難しすぎる文句等では感情が上手く伝わらない場合もありますので、気をつけるようにしましょう。

 

仲人のスピーチとしてエピソードを取り入れる場合、まとまらない内容とならないように一つに絞るほうが良いでしょう。

 

起承転結で考えた場合、挨拶、祝辞お礼、エピソードや今後の抱負、指導や交際へのお願い等で結びの言葉とします。

 

例えば、仲人の文例としてスピーチする場合、次のような出だしのパターンがあります。

 

「一言媒酌人としてご挨拶申し上げます。

 

先刻〇〇にて新郎、新婦の結婚の儀式を滞りなく相済まされました。

 

ここに〇〇、〇〇両家の新たな親族が発足し誠におめでとうございます。」

 

このように始められたりするのも良いと思います。

 

また内容には仲人としての新郎とのエピソードあるいは新婦とのエピソードを織り交ぜながら出席者に対するお礼、支援の願いなどで結びの言葉となります。

 

簡単な流れで紹介すると冒頭の挨拶をした後に、以下のような出だしで始めます。

 

「媒酌人と致しまして一言・・・。

 

ただ今ご紹介与かりました〇〇でございます。

 

〇〇、〇〇ご両家より媒酌人を賜り一言述べさせて頂きます。」

 

次に列席頂いた方々への無事結婚式を挙げたという報告をし、新郎、新婦の交際のなれそめなどを紹介し、「本日はお忙しい中お集まり頂き誠に有難うございます。」の言葉と共に新郎新婦へのご支援のお願いをして結びの言葉とするのが良いでしょう。