結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

母から新婦への結婚式スピーチ文例

 

新婦側の謝辞というと通常新婦の父が一般です。

 

しかし、中には新婦の母が結婚式で謝辞を言う場合もあります。

 

娘が嫁いでしまう寂しさも募りますが、多くの方の前でスピーチすることなど、普段ないわけですからかなり緊張してしまいますよね。

 

ですが、嫁ぐ娘への最後の手紙だと思い、ここでご紹介する文例を参考に新婦へお祝いの言葉として贈って頂きたいと思います。

 

まず出だしとして今日の日のお礼を一言言いましょう。

 

例えば、「本日はお忙しい中お集まり頂き有難うございました」などと言いましょう。

 

この前に簡単に新婦の母である自己紹介から始めるのもよいでしょう。

 

続いて次のように言いましょう。

 

「これで娘〇〇も無事に〇〇様へと嫁ぐことができました。

 

また皆さまのお力添えを頂けることと安心致しております。」

 

次に新郎について、また娘について簡単にまとめ、ふつつかな娘であるわが子を新郎両親へと託す言葉と共にお願いの言葉にかえましょう。

 

そして、媒酌人への感謝の言葉、皆さんへのご支援の願いと今日の日の多くの方の臨席に感謝し結びの言葉とします。

 

例えば、最後の言葉として、本日ご来賓の皆さま、媒酌人、親戚の皆さんへの感謝を言葉に結びとしても良いと思います。

 

また、内容の中に新郎両親へのわが子新婦へ嫁がせる母の胸中を伝えましょう。

 

例えば、「ふつつかな娘ですし、不行き届きの点もこれから沢山出てくるかとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。」という文で娘への愛情や思いが新郎または新婦、新郎両親や列席頂いた皆さんへ伝わるのではないかと思います。

 

ご紹介した内容を参考にしながら、母から娘への嫁ぐお祝いのスピーチとして贈ってあげて頂きたいと思います。