結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

父から新婦への結婚式スピーチ例文

 

結婚式スピーチと言えば上司や主賓の祝辞、友人や同僚と様々な立場のお祝いの言葉があります。

 

その中で父から嫁ぐ娘へ贈る結婚式スピーチ例文には、出だしとして次のようなパターンが一般的になっています。

 

「只今、ご紹介に与りました新婦〇〇の父でございます。

 

両家を代表し一言ご挨拶をさせていただきたいと思います。」

 

このように始めるのが一般ではないかと思います。

 

続いて新郎にあった日の出来事やどんな青年なのか等を話すのも良いかと思います。

 

次にわが子への思い出、嫁ぐ娘への淋しい胸中等を織り交ぜながら、至らない若い夫婦へのご支援を賜ることをお願いし今日の日が迎えられたことのお礼を述べ結びの言葉として終了という流れ、構成にすることが望ましいでしょう。

 

まとめますと、新婦の父であることの自己紹介と共に両家の代表で話すことの挨拶、新郎との出会い、娘への思い、夫婦となる新郎新婦へのご支援の願い、無事に結婚式を挙げられたことへの列席者へのお礼で終了します。

 

わずか数分で今までの思いを話すことは大変難しく、構成させることは不可能のようにも思えますが、ご紹介したような例で新婦の父として娘へ贈るお祝いの言葉とすれば列席者の方々や嫁がれる新婦へも思いが伝わるかと思います。

 

新婦の父としての謝辞というと新郎側の父親の謝辞とは立場や思いが違い、わが子の旅立つ寂しさが色々とあり、話したいことや伝えたいことが沢山あろうかと思います。

 

ですが、簡単に構成した文章にもわが子への思いは列席者のみなさん、または新郎、新婦それぞれに言葉の意味、温かさが伝わるものです。

 

最後に緊張してしまうというお父さんは、何度も練習してみるのも良いでしょう。

 

また、緊張をほぐすためには一呼吸してからゆっくりと語り始めると多少落ち着くかと思います。