結婚式で失敗しない為のスピーチ文例集

母から新郎への結婚式スピーチ文例

 

結婚式スピーチは通常2分〜3分ほどが適していると言われています。

 

また様々な方の立場により挨拶の仕方も変ります。

 

新郎の母がわが子新郎へのスピーチとはどんな文例があるのでしょうか。

 

一般には新郎の父が謝辞として出席者のみなさんに挨拶をして御礼を述べ、ご支援を賜ることを願い挨拶としますが、もし新郎の母が新郎のために言葉を残すとしたらどうなるか。

 

文例としてはやはり新郎の父の挨拶と同様にまず最初に出席者の方々にお礼を述べます。

 

例えば「本日はご出席いただいた皆様に謹んで挨拶を申し上げます」のような出だしが妥当かと思います。

 

続いて「お忙しいところ出席を賜り誠に有難うございます」という言葉に続き、新郎新婦の喜び、ご自身の喜びを告げ、この日が無事に迎えられたお礼を言葉にします。

 

御礼の際の言葉としては、「両家を代表し厚くお礼を申し上げます」等が良いと思います。

 

その後、新郎新婦に対してのご支援をお願いし、最後に結びとして「本日列席いただいた皆さまのご健康とご多幸をお祈りし、簡単ながら私のお礼の言葉とさせて頂きます。有難うございました。」で終えるのが一般的な新郎の母からのスピーチ文例です。

 

簡単、短いながらも今日の日の喜びや息子夫婦への心遣いがうかがえる言葉になると思います。

 

また、新郎への母からの言葉として新郎の胸にも残るスピーチとなるのではないでしょうか。

 

通常、何らかの事情でもない限り、新郎のお母さんの立場からのスピーチというのはあまり多くありませんし、母からの立場で列席者を前にスピーチをするのは中々容易ではないと思います。

 

もしスピーチをする機会があった時は、集まっていただいた方々への感謝の気持、新郎新婦に対する思いや今日の日の喜び、至らない新郎新婦へのご支援を伝えましょう。

 

最後にこの日が迎えられ無事に終了できるお礼を挨拶にすれば、列席者の皆さまにも思いも伝わり、母から新郎への感動的なスピーチとなると思います。